FC2ブログ
私はここにいる。私はここに存在する。 存在の意味など……不必要だ。 ここにいればいい。ここにいれば……いい。(大嘘なんだけどね)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉百人一首 第28首の鑑賞にあたり
小倉百人一首 第28首

原文: 山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人めも草も かれぬと思へば
作者:源宗于朝臣
出典: 『古今集』
分類: 冬

試しに中国語に訳してみた。

  山深本幽僻,
  冬来愈寂寥。
  人没无处寻,
  草尽满目萧。

そして試しに冬の歌を詠んでみた。

  音もなく ひたすらに降る 雪つもる 思い思えば 時はさりゆき

=========

和歌鑑賞の授業で、『小倉百人一首』について勉強している。先生が決めた順で、まずはこの第28首について準備した。
スポンサーサイト
Copyright © 亦邪軒--永遠に沈淪しろう……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。